簡単にできるダニ対策!喘息・アトピー・アレルギー疾患の予防に最適!

梅雨の時期がやってきました。

梅雨から夏場にかけて家庭ではダニが大繁殖します。

ダニが大繁殖すると人体に大変な影響をあたえます。

喘息発作、アトピー、アレルギー疾患など、

身体の弱い幼児や高齢者はかかる確率も高くなります。

そうならないために今回はダニが発生する要因と

普段からできる効果的予防と対策をご紹介します。

家庭(室内)でダニが発生する3つ要因と主な場所

室内でダニが発生する要因は「20~30℃の暖かい温度

70%以上の湿度」「豊富な栄養源」の3つの条件が揃えば

間違いなく大繁殖します。

特に布団やベット等がある寝室で発生しやすいのですが、

それは単純に3つの条件が揃いやすいからです。

◇20~30℃の暖かい温度

身体の体温で寝床の温度がダニの生存に適した温度になります。

◇70%以上の湿度

夏場は寝汗などにより、冬場は部屋の結露でダニの生存に適した

湿度になります。

◇豊富な栄養源

睡眠中に剥がれ落ちたフケ、皮脂、アカなどはダニにとって格好の

栄養源です。

ダニが発生する時期は?

ダニにとって発生する時期は特に関係ありませんが、

先ほどの3つの要因が揃ってしまえば大繁殖します。

それは単純に梅雨時期や夏場に条件が揃いやすいため大繁殖するのです。

家庭(室内)にいる主なダニの種類

家庭で繁殖して人体に影響をおよぼすダニは一種類だけではありません。

主に多いのは下記の3種類になります。

名称 : ヒョウヒダニ(0.3mm~0.4mm)
生態 : 室内塵にもっとも多く発生します。
アトピー性皮膚炎、喘息、アレルギー性疾患の
原因とされています。
食性 : 人間のフケ、皮脂、アカ、食物の食べこぼしなど。

名称 : ケナガコナダニ(0.3mm~0.4mm)
生態 : 米麦、穀物、粉ミルクなどの食品や
畳(ワラ)にもっとも多く発生します。
食性 : 畳(ワラ)や乾燥食物など。

名称 : ツメダニ(0.3mm~0.8mm)
生態 : 畳やカーペットなどの中にいるヒョウヒダニや
ケナガコナダニが多くなると増えてきます。
人と接触した場合は偶発的に人を刺して皮膚炎を
起こす場合があります。
食性 : 他のダニや小昆虫など。

ダニによって引き起こされる人体への影響は?

1. アレルギー疾患

ダニはアレルギーを引き起こす原因であるアレルゲンになります。

アレルギー性鼻炎の多くはダニが原因と言わています。

とくに小児は中耳炎・副鼻腔炎などを引き起こす可能性もあります。

また、アレルギー疾患の1つであるアトピー性皮膚炎のほとんどが

ダニが原因と言われています。

発症や症状悪化の原因はダニの死骸やフンにあります。

2. 喘息発作

布団やカーペットなどに落ちているダニの死骸を人が吸い込むと

喘息の発作を起こす可能性があります。

これらの死骸は洗濯すればキレイに洗い流せますので、

こまめに掃除機をかけて洗濯するようにしましょう。

3. ダニに刺される

ダニに刺されると激しいかゆみや痛みを引き起こします。

特に夏場などは、子供がかきむしってしまいその手で他の個所を

触ってどんどん広がってしまい「とびひ」になる恐れがあります。

ダニを増やさないための予防と対策!

1. 部屋の空気を乾燥させる

ダニは湿度を好み乾燥を嫌うので、普段から部屋の空気の

入れ替えをこまめに行い梅雨の時期にはエアコンのドライ機能や

除湿器などを利用して部屋を乾燥させましょう。

2. 部屋をこまめに掃除する

布団やベット、カーペットなどこまめに掃除機をかけたり洗う。

最低でも1日2回(朝晩)は布団やベットに掃除機をかけると

いいでしょう。

週に1回は天気のいい日に布団やカーペットを天日干ししましょう。

3. ダニ対策・駆除グッズを使用する

マットレス下、カーペット、押し入れやクローゼットなど、

丸洗いできないものやお手入れがしづらいものや場所については、

ダニ対策やダニ駆除のグッズを使ってダニを退治しましょう。

噴煙タイプやスプレータイプ、シートや強力掃除機など、

様々な製品が販売されていますので活用してみるのもいいかもしれません。

ダニホテルふとん用2枚組
置くだけ簡単!!ダニを集めてポイッ!!
日本アトピー協会推薦品のダニ粘着シート「ダニホテル」。
特殊な誘引剤と強力粘着剤が入っており、
誘引剤に誘われたダニがマットに入り、
粘着剤に吸着する仕組みのダニ吸着シート。

日革研究所 ダニ捕りROBO(ロボ)
繁殖シーズンだからこそダニを増やさない対策を。
3か月間効果が持続するダニ捕りロボは、
家屋内に最も多く生息する“チリダニ”を、
置くだけで集めてしっかり退治します。

レイコップ ふとん専用ダニクリーナー
「ふとんクリーナー レイコップライト」

布団に紫外線を照射して除菌する「光クリーン」、叩いてダニや塵を叩き出す
「パワフルたたき」、それらをマイクロフィルターに通して吸い込む
「クリーン排気」によって、布団をきれいにする。

4. 布団を丸洗いする

コインランドリーを活用して布団の丸洗いをしましょう。

洗濯できるのか、洗濯表示を確認して丸洗いできるもので

あれば、ぜひ活用してみるのもいいかもしれませんね。

コインランドリーでは何分利用するかによりますが数百円~千円程度の

料金で丸洗いと乾燥ができるので、とても便利です。

ま と め

ダニ退治はダニを死滅させるだけで終わりではなく、

その後しっかりと死骸やフンなどを掃除機で取り除いてくださいね。

洗えるものはこまめに洗濯をして、洗えない場所などは

ダニ対策グッズなどを使って予防や対策行って

早くダニとさよならして清潔なあったかい布団で快適な眠りを

手に入れてくださいね。

参考になれば幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございます。