なぜ起こるいびきの原因と対策!家庭で簡単にできるいびきの改善方法!

「家族のいびきがうるさくて眠れない」

という経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

いびきをかいている本人は睡眠中なのでわからないことも

多いと思います。

また自分のいびきに驚いて目が覚めてしまうということも

あります。

いびきは本人にとっても一緒に寝ている人にとっても、

睡眠を妨げる大きな問題なのです。

いびきの原因はなにか?いびきの防止法はあるのか?

ご自身のいびきに悩んでいる方、周囲の人のいびきに悩まされている方も、

ぜひ参考にしてください。

あなたは自分のいびきに気づいていますか?

自分がいびきをかいているかどうか、よくわからないという

人も多いのではないでしょうか。

もし、下記のような症状が重なったら、いびきを疑ってみましょう!

・朝起きたとき、ノドがひどく渇いている

・寝たのに疲れている

・睡眠時間は足りているのに熟睡感がない

・起床時に頭が痛かったり、重かったりする

・肌荒れしやすく、化粧のノリもよくない

いびきをかくと、なぜこうした症状が起こりやすいのでしょうか。

それは「口呼吸+酸素不足」が原因です。

いびきをよくかく人の多くは、寝ているときに口で呼吸をしています。

口呼吸をすると振動音、つまりいびきが大きくなるだけでなく、

当然のことながらノドも渇きます。

またノドが狭くなっているため、取り込む空気量が少なくなり、

酸素不足になりがちです。

すると血液中の酸素が減るため、疲労が回復せず、

熟睡感も得られません。

睡眠中にからだが必死に酸素をとりこもうとするため、

かえって疲れを感じることすらあります。

酸素不足の息苦しさから、夜中に目をさますこともあります。

また、血管が酸素をとりこもうと拡張し、頭痛や頭重が

起こることもあります。

いびきの原因と症状

いびきには、大きく分けて2つの種類があります。

●単純性いびき

鼻づまりや疲労、飲酒、風邪などが原因の一時的ないびき。

原因を取り除けばいびきは解消します。

ここをクリックして確認して下さい
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
1日10分家庭でも簡単にできる!いびきストップ完全マニュアル

●睡眠時無呼吸を伴ういびき

常時いびきがあり、他人から指摘されるほどの騒音。

放置しておくと睡眠時無呼吸は悪化し様々な重病を合併し、

交通事故を起こしやすくなります。

生存率、つまり寿命にも関係するといわれています。

ここをクリックして確認して下さい
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
睡眠障害を改善して熟睡する方法

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome 以下SAS)とは、

睡眠中に呼吸が停止する状態(無呼吸)や止まりかける状態(低呼吸)が

何度も繰り返される病気です。

一般に、無呼吸・低呼吸が1時間に5回以上認められます。

呼吸が止まるたびに脳が短時間覚醒するため眠りが浅くなってしまいます。

そのため、起床時の頭痛、日中の強い眠気や疲労感、集中力・記憶力の

低下などの自覚症状が現れます。

その他の症状としては、不眠、夜間頻尿、寝相が悪いなどがあります。

睡眠時無呼吸症候群の原因は、肥満による首回りの脂肪の沈着、

扁桃腺肥大、アデノイド、気道へ舌が落ち込む、舌が大きい、

鼻が曲がっているなどが挙げられます。

欧米人では肥満者が多い一方、日本人ではやせ型の患者さんも多いのが特徴!

これは、顎が小さいという骨格の影響があるといわれています。
ここをクリックして確認して下さい
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
睡眠障害を改善して熟睡する方法

睡眠時無呼吸症候群は寿命を縮ませる怖い病気!

重症の睡眠時無呼吸症候群は死亡率を約4倍に
上昇させるというほど、寿命に関係します。
まず、日中の強い眠気が、居眠り運転や労働災害につながります。
2003年に起きた新幹線の運転士さんの居眠り運転によ
る事故は、睡眠時無呼吸症候群が原因であることが
わかっています。
さらに、睡眠時無呼吸症候群と生活習慣病の関係が
明らかになっています。
また睡眠中に呼吸が止まると、血液中の酸素が不足し、
動脈硬化や不整脈の原因になります。
さらに熟睡できないことで血圧や血糖値の上昇を招いたり、
新陳代謝に異常をきたすため、肥満する傾向があり、
結果として生活習慣病のリスクが高まります。
実際、睡眠時無呼吸症候群の患者さんの中には、
高血圧、心臓病、脳卒中、糖尿病などを
合併していることも多いのです。

睡眠時無呼吸症候群以外の病気も!

睡眠時に無呼吸を伴わないいびきの中にも治療を必要とする
病気が隠れていることがあります。
いびきに悩む人は耳鼻科の受診をお勧めします。
例えば、鼻中隔彎曲症(鼻の真ん中の仕切りが曲がっている)、
肥厚性鼻炎(アレルギー性鼻炎などで鼻の粘膜の慢性的な炎症により、
鼻の粘膜が厚くなっている)、鼻茸(はなたけ)症(鼻の炎症で、
粘膜がポリープ状になったもの)、副鼻腔炎
(副鼻腔の中に膿がたまっている)、習慣性扁桃炎(扁桃腺の腫れ)、
アデノイド肥大(のどの奥にあるアデノイドがうまれつき、または
感染やアレルギーで大きくなっている)などです。
これらの病気を治療することでいびきは改善します。
しかし、放置しておくと睡眠時無呼吸症候群の原因になることがあります

日常生活上の原因と対処法

肥 満

肥満で喉に脂肪がついたことで気道が狭くなると、
いびきをかきやすくなります。
健康的なダイエットのために
食事や運動、生活サイクルなど、生活習慣全般の改善を目指しましょう。
食事の内容を見直す、外食の機会を減らす、なるべく運動する
時間をつくる、早寝早起きを心がけるなどが例です。
また、減量がうまくいかない場合は医師に相談することも選択肢のひとつです。

仰向けで眠る

仰向けで寝ると首や喉あたりに重力がかかり、気道が狭くなります。
そうすると息が通りにくくなり、いびきをかきやすくなってしまいます。
眠る時の姿勢の工夫
横向きで寝るなどの工夫をしましょう。抱き枕などを使って
横向きで寝ると体勢が楽になります。
また、気道がふさがらないように枕の高さを調節するのもよいでしょう

寝る前の飲酒や睡眠薬の使用

アルコールと喫煙はそれぞれ舌や喉の筋肉を緩めるため気道を
狭めてしまい、結果的にいびきをかきやすくしてしまいます。
飲酒や睡眠薬が原因かなと思ったら
過度な飲酒はしないように心がけることが大切です。
また、飲酒する場合も、寝る直前は控えた方がよいでしょう。
また、睡眠薬を使っている人でいびきのために熟眠感が
あまりないなどの場合には、処方を受けている医師に相談しましょう

普段から口呼吸をしている

口呼吸をするために口が開いていると、喉や舌の位置が奥に落ちるため、
気道が狭くなり、いびきをかきやすくなります。
口呼吸を改善するには
なるべく鼻で呼吸するようにしてみましょう。
鼻づまりなどで鼻呼吸が難しい場合は耳鼻咽喉科での治療が
必要な場合もあります。
また、歯科や耳鼻科によっては鼻呼吸のトレーニングについての
相談を受け付けていることもあります。

【器具や手術に頼らずにいびきを克服】
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
手術をせずに「いびき」をスッキリとなくす方法

もう他人には迷惑をかけたくない!

「1日10分・ご家庭で手軽に改善可能に♪」
いびきを元から絶つ!簡単ミラクルテクニック

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
1日10分家庭でも簡単にできる!いびきストップ完全マニュアル

忙しいあなたでも

1日わずか10分位にでできる方法です

車を運転中、お昼休み中、テレビを見ながら

リラックスのお風呂タイム中毒

あなたの毎日の生活のペースに

あわせて自由に簡単にできます。

ここをクリックして確認して下さい
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
1日10分家庭でも簡単にできる!いびきストップ完全マニュアル

お わ り に

いびきは、本人にとっても家族にとっても、

睡眠の邪さまたげになります。

それどころか、継続するような場合は健康面にも

問題が出てきてしまうものです。

いびきにはさまざまな原因がありますので、

その原因を理解することがいびき対策の第一歩です!

原因や症状を把握し、まずはその状態に合わせた対策をとりましょう!

時にはいびき防止グッズなども上手に活用するといいですね。

それでも改善しないようであれば、放置せず、きちんと病院で

診てもらうようにしてくださいね♪

最後までご覧いただきありがとうございました。