初心者におすすめ失敗しないパソコンの選び方!あなたはどれにする?

パソコンを初めて購入する時って「どうしようかなー」って本当に悩みますよね。

種類も多いし、何を買ったらいいのか?これよりこっちの方がいいんじゃないかとか?

必要以上に高性能なパソコンを買っても、お金がもったいないですし、

逆に、性能が低すぎるパソコンを買ってしまうと使い物にならずどうしようとか・・。

全然わからないから、ショップの店員に聞こうかなっとか思ってる方。

そういったことにならないように、初心者向けにパソコンの選び方とおすすめモデルをご紹介します。

デスクトップパソコンとノートパソコンって何が違うの?って方もいると思うので、

まずはデスクトップパソコンとノートパソコンの簡単な違いを説明します。

デスクトップってなに?

デスクトップパソコンとは、机の上に置いて作業するために作られたパソコンで

持ち運びに関しては一切考えられてないパソコンの事です。

こういう大きいのパソコンの事です。

ノートパソコンってなに?

ノートパソコンとは、持ち運びに便利なパソコンの事です。

このようにキーボードとモニターが一体型になったパソコンの事です。

デスクトップパソコンもノートパソコンもだれでも1度は見た事があると思います。

今の時点では、持ち運びができないのがデスクトップパソコン、

持ち運びができるのがノートパソコンという風に理解していただければ大丈夫です。

一言にパソコンと言っても性能は本当にピンキリですね。

パソコンは基本的に(価格が高い=性能も高い)(価格が安い=性能も低い)と

言う傾向がありますが、メーカーによっては価格が高い割には、

それほど性能が高くない場合もあります。

例えば、メールやインターネットしかやらないのであれば、

安いノートパソコンでも十分です。

逆に動画編集などをしたい場合は、それなりに性能の高いパソコンが必要になります。

じゃあ、どんなパソコンを選べばいいの?

パソコンの選び方で重要なのはスペックです。

スペックとはパソコンの性能のことです。

パソコンの性能を選ぶと言われると難しそうって思われるかもしれませんが、

先ほども言いましたが大事な所は下記の4つです。

C P U

CPUというのは、人間で言う脳の部分にあたります。

パソコンを選ぶ時に必ず「CPU」という項目を確認しましょう。

パソコンの性能を見ていくと「CPU」の欄には

・Corei3
・Corei5
・Corei7

っという3つが頻繁に出てくると思います。

これは数字が大きくなると、性能がよくなるんだなって

思っておけば大丈夫です。

CPUはこの3つの種類から選ぶことをオススメします。

選ぶ時は「Corei3」「Corei5」「Corei7」と

書かれたものを選びましょう。

この3つの中ならどれでも大丈夫ですが、

Corei7になると値段が上がりますので注意してください。

デスクトップパソコンを選ぶ時は「Corei5」「Corei7」から選びましょう。

これには理由があり、ノートパソコンでは「Corei3」と「Corei5」の2つは、

ほとんど性能が変わりませんが、デスクトップパソコンだと全然性能が違います。

そして、デスクトップパソコンを選ぶ方は3Dゲームなど高機能が必要な方なので

「Corei5」以上を選ぶことをオススメします。

メモリ

メモリとは、作業する机みたいなものです。

基本的には
・2GB
・4GB
・8GB
この中から選ぶことになります。

ノートパソコンなら4GBまたは8GB

デスクトップパソコンなら8GB

これももちろん数字が大きくなれば性能がよくなりますが、

ノートパソコンは4GBで十分です。(できれば8GBが理想)

ただ、ノートパソコンだからといって2GBは選ばないように気をつけましょう。

2GBでは思うようにパソコンが動いてくれず、イライラすることになります。

HDD(ハードディスクドライブ)

HDDは、ハードディスクドライブと読みます。

パソコンの中にデータを保存しておくために必要なものです。

今はほとんどが500GBだと思います。

・500GB

・1000GB

などありますので、500GBあれば十分すぎるくらいです。

これも数字が大きければ大きいほど良いですが、値段も上がります。

数字が小さい200GB以下はやめておいた方がいいです。

SSD(ソリッドステートドライブ)

SSDは最近出てきた「超高性能なHDD」だと思ってください。

HDDというのが有名なので家電量販店などでは、ほとんどHDDですが、

今から買うならできればSSDを購入することをオススメします。

SSDのメリットとしては、

〇起動速度が速い

〇パソコンの動作が速くなる(固まりにくい)

〇パソコンが静か

特に起動速度がものすごく速くなります。

体感だと正直言って3倍くらい速いですね。

また、ワードとかエクセルを起動しようとしても、

すごく速く起動します。

「なんか起動するのが遅いんだよなー」ってイライラしたことある人は、

絶対にSSDを選ぶべきです。

一般的な用途で使うのに快適なスペック(性能)

C P U : インテルCore i3またはCore i5プロセッサー

メ モ リ : 8GB

ストレージ: SSD搭載

これぐらいのスペック(性能)のパソコンを選べば一般的な用途に対応できるでしょう。

この場合の一般的な用途とは、インターネット、メール、ネットで動画を見る、

オフィスソフトでワードやエクセルを使う、簡単な動画・画像編集、音楽を聴くなどと言ったものです。

どんなメーカーがあるの?

国内では、富士通、東芝、NEC、松下などが有名です。

海外では、レノボ(IBMから事業売却)、エイサー、エイスース、デル、

ヒューレット・パッカードがあります。

アップルも海外メーカーですが、Windowsパソコンは出していません。

もちろん、上記以外にもマウスコンピュータ、ドスパラ、パソコン工房など

国内パソコンショップブランドのパソコンも多数販売されています。

安いパソコンでも大丈夫なの?

安いパソコンはワードやエクセルがなかったり、

サポートを省くなどをして安い価格を実現しています。

ですから、初心者向けという点では、絶対的な安さよりも、

コスパを重視した買い方をおすすめします。

(ワードやエクセルと言ったような自分が必要とするソフトが、

すでに搭載されていて比較的安いもの。)

初心者におすすめ!パソコン

ま と め

パソコンはその性能と大きさと価格によって、

じつはかなり変わるんですよね。

通販サイト、実際の店舗や量販店ですと、

ほんとうにたくさんの機種が並んでいて同じに見えるものです。

大きさと価格と性能のちょうど中間的なところを見つけるようにすると、

いちばん無難な機種が見つかると思いますよ!

最後までご覧いただきありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする